夫婦1年目同棲家計簿(2021年8月)

周りの夫婦の家計簿が気になるけど、公開されているデータが少ない

今回はこちらのお悩みを解決します。

やはり同棲し始めで気になるのはこのお金の使い方があっているのかどうかだと思います。周りはこんなに節約しているの?や、周りはもっとお金使ってるのか!じゃあ節約できているから安心!と思えるためにも他の世帯の家計簿は気になるはずです。

※そもそも他の人との比較ではなく、自分たちがどうか、相対値じゃくて絶対値というご指摘ももっともですが。

今回は、1円単位でしっかり家計簿をつけている私たちの2021年8月の家計簿を公開します。

結論から言うと、20218月の生活費の合計支出は、固定費変動費含めて358,630円でした。細かい内訳が重要だと思いますので、気になる方はぜひ、最後までご覧ください。

夫婦1年目同棲家計簿(2021年8月)

ここからは細かい支出に関してご紹介します。

家賃 約11万円

家賃は、賃貸で都内のワンルームで生活中です。特に凄く困っているということもないので、ワンルーム生活中ですが、次の契約更新のタイミングで、もう少し部屋は増やそうと思っています。笑

ワンルームで生活なんて気が狂いそうという方もいらっしゃると思うので、真似は注意です。

私たちは不便には感じますが、家賃を考えるとそこまでワンルームがデメリットと感じていません。

詳しくはこちらの記事で書いているので合わせてご覧ください。

>>都内ワンルームで同棲するカップル(夫婦)が2年経過し契約更新した理由(結論:安い)

ブログ費 約3,500円

これに関しても毎月かかるお金です。サーバー代とあとはスライド作成やインスタグラムの投稿、YouTubeのサムネイルとブログのアイキャッチ画像は全てCanvaProを使用しています。あまりにもCanvaProが活躍していてこのサブスクはどうしてもやめられません。

抑えるところは抑えての結果の3500円というところです。

水道、電気、ガス 17,216円

それぞれの内訳はこちらです。

  • 水道 7,563円
  • 電気 6,337円
  • ガス 3,316円

これが使いすぎかどうかは分からないですが、ポイントを貯めるためにもいよいよ電気やガスを楽天に移そうと考えています。ポイントも含めて考えると年間万単位のお金が節約できそうなので、いよいよ移行です。

意外と手続きも簡単そうなので、ぜひ気になっている方は一度シュミレーションしてみることがおすすめです。

大体ここまでが毎月かかっている固定費の内訳です。毎月15万円程度は固定費となっています。

ネットで調べる情報から考えると高めにはなりますが、我慢できるレベルと相談しながら現在はこの固定費がちょうど良いと感じています。

デート/レジャー 39,119円

ここからは、変動費です。

まず、デート/レジャーに関してですが、ほとんど環境を変えて作業するためのお金だったのでレジャーというよりかは、カフェ代に近いイメージです。土日も休まず365日営業中のセルフブラック企業です。

※絶対に休んだ方が効率が良いので、ただ効率の悪い作業人という感じです。まだがんばれる年頃なので20代はひたすら働いていきたいと思います。

具体的にはこちらに行ってきましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

>>ヒラリーズ赤坂のデイユースでテレワークしたレビュー(飲み放題付きラウンジと大浴場がやばい)

>>ヒルトン東京ベイのパークビューデイユースでテレワークしてみた感想(日帰りプランでプール付きプラン)

環境を変えてのテレワーク、ワーケーションおすすめです。

交通費 31,751円

続いて交通費です。私たちは車を購入していない代わりにタイムズカーシェアを高頻度で利用しています。1ヶ月に1.2回は使用しているので、車の料金がここにか買ってくるイメージです。

今のところカーシェアで満足しているので、今後も基本的にはカーシェア利用予定です。

スーパー 24,181円

スーパーでは、妻が気をきかせてセール商品を購入するなどの工夫もしているおかげか結構抑えられています。外食もそこまで多くないので食費という見方だとそこまで高くはなく平均程度に抑えられています。

外食 10,854円

外食もラーメンが多いので、一ヶ月でこれはかなり抑えられている方かと。超高級ご飯は記念日とかにしか行かない経費に夫婦です。外食を抑えられていないと40万円いっていた恐れもあるので、良かったです。

生活用品 12,236円

ワクチン接種もあったので、冷えピタシートやお薬もあり、少し高めです。ここは必需品しか購入していません。トイレットペーパーやシャンプーや石鹸などです。

服、美容 6,460円

服、美容に関してもほとんど購入せず、美容院に行ってここまで抑えられたのは偉いです。ここのお金は本当に月によって変わるのであくまでも参考程度に。

カフェ 6,248円

カフェ代はブロガーだと結構かかってくるところかと。朝早起きしてそのまま家で作業だとなかなか捗らなかったりするので、なるべく朝一はカフェに行くようにしています。

2人で行くことも多いので、朝カフェでこの使い方は結構な額ですが、投資代としてここはあんまり気にせず使っています。

コンビニ 5,782円

コンビニはなるべく行かないようにしているので、抑えられました。

無駄なお菓子、アイス、お酒は要注意です。

※結構ストレスありの日や、疲れている日は買いがちですが、健康のためにももう少し抑えます。

飲み会 990円

飲み会は1度も開催されませんでした笑ご時世もご時世なので。

その他 67,543円

後は贈り物や家具家電など必要と思ったものを購入しました。

まとめ:夫婦1年目同棲家計簿(2021年8月)

いかがでしたでしょうか。細かい内訳をまとめると下記になります。

  • 家賃 約11万円
  • ブログ費 約3,500円
  • デート/レジャー 39,119円
  • 交通費 31,751円
  • スーパー 24,181円
  • 生活用品 12,236円
  • 外食 10,854円
  • 服、美容 6,460円
  • 水道 7,563円
  • 電気 6,337円
  • ガス 3,316円
  • カフェ 6,248円
  • コンビニ 5,782円
  • 飲み会 990円
  • その他 67,543円
  • 合計 358,630円

まだまだ抑えられるところは反省と思いつつも、楽しい!これしたい!と思うものには積極的に今後もお金を使っていきたいと思います。

もちろん使いすぎは要注意です。ぜひ、気になったこと、質問があればコメント下さい。

他にも下記で支出を公開しているので合わせてご覧下さい。

>>2021年5月 都内二人暮らしの生活費を公開します。〜お金をかけるべきところと節約するべきところ〜